<   2014年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「闘う人」とその「後ろ姿」 追悼・鈴木博之先生

花田佳明(神戸芸術工科大学教授)/『日土小学校研究 02』(日本建築学会四国支部、2014年3月刊)所収

 鈴木博之先生が亡くなったという第一報が入ったのは2月6日の夕刻だった。日土小学校の保存再生活動をご一緒した愛媛の武智和臣さんからの電話連絡。自分の耳を疑った。その日は神戸芸工大の卒業制作展前日で、私は会場のひとつである原田の森ギャラリー(元の兵庫県立近代美術館。村野藤吾設計)で学生たちと設営作業を行なっていた。何かの間違いではないかと思い慌ててメールをチェックしたら、東大の建築史研究室から発信された「鈴木博之先生の訃報」が転送されていた。ほぼ展示作業が完了した美術館の中には学生たちの賑やかな声が響き、外は暗くなりかけていた。明日から始まる華やかな展覧会に向けざわついていた気持ちが一瞬にして静かになった。
 私は鈴木先生の研究室に所属したことはない。若き専任講師であった先生による西洋建築史の授業を東大の学部時代に受講し、あとはその著書と建築雑誌等での論稿の言葉を、天から降ってくる宝物と思い拾い集めてきただけである。そんな私が先生の追悼文を書いている。このような分不相応なことができるのも、すべて日土小学校の保存再生活動に鈴木先生が参加して下さったお陰である。
 そのプロセスの中で、私は幸運にもいくつかの鈴木先生像を目に焼きつける機会を得た。もちろん極めて個人的で一方的なものである。しかしそれらの像を重ねてみると、先生の穏やかで柔らかな物腰とは対照的な「闘う人」と、その背後にあって少し影のある「後ろ姿」とが浮かんできた。この2つの言葉を手がかりにして、断片的な記憶とそこから引き出した若干の推論を、出来の悪い学生による最後のレポートとして書き残したい。

More
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2014-05-26 02:10 | ●花田の日記