<   2011年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

110327

日曜日。
大学は春休みということもあるが、地震以降、曜日や日にちの感覚がやや薄くなっている。被災地から遥か遠くにいてこんなありさまだから、現地の皆さんの心理状態は想像に余りある。
阪神大震災のときは最初の1週間、僕は日々の記録を書かなくてはと思いながらも果たせなかった。今日が終わった、さあ明日だ、というような1日単位の感覚を全くもてなくなっていた。何より、言葉に記すために思い出すことが怖かったのだ。1週間後に妻の記憶を頼りに(女性は落ち着いている)メモ書きし、それ以降は大丈夫になった。


青木君から、当日の揺れやその後の様子を知らせルメールが来た。
社会の根本的なところが変わらなくてはという思いを強くしたという主旨の言葉も添えられて。
全くその通りだ。


松村正恒展、ツイッターで感想を少し発見。

磯達雄さん
「狩江小学校のお別れ会は、講堂でも体育館でもなく、階段のある昇降口で行われた。松村の設計でもキモとなるこの空間を、子供と親と先生が、名残惜しそうに使っている。感動した。モーレツに感動した」

:PTAの方が撮影したビデオを以前僕がダビングさせていただいたものを上映しています。僕も松村さんの生前の姿を初めてこれで見たわけです。子どもたちと大人とが学校を介してひとつになっています。子どもたちがつくった校舎とのお別れの歌、松村さんから子どもたちへのメッセージ、どれも素晴らしいです。こういうことってあるんだ!と思いますよ。

コンフォルトの多田君枝さん
「日土小学校を存続させたことの意義は、後年、より明らかになるように思います。あそこで勉強できるとは、本当に幸せな小学生たちですね」

こういうときだからこそ落ち着いた日常の大切さがいっそう身にしみるわけですが、日土小学校や松村さんは、まさにそのことを教えてくれるような気がします。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-03-27 11:24 | ●花田の日記

110325

大学で、なぜか今ごろ某君の卒論だめ押しブラッシュアップエスキス。
内容というより形式が中心テーマ。
目標は、明快な論旨と迫力ある誌面だ。


原発は一進一退。
昨夜は作業員の方3名が被曝。
昨日の午前中、テレビで原発のニュースを見ようとしたが、どのチャンネルも通常の番組をやっていて驚いた。
いくらなんでも早すぎないか。
この機会を手がかりにして日本の制度設計を変えてやろうというような放送人はいないのか。


今日は、本来なら松村正恒展で講演の予定だったが中止。
竹中の松隈君から、間違ってくる方への対応等に関するメールが来る。
お目にかかるのを楽しみにしていたひともあり、誠に残念。
5月13日のシンポは絶対にやりたい。
展覧会は6月3日まであるから、別の日に今日の雪辱戦もやれるとよいのだが。


『長野市民会館50年の記録』(長野市民会館編集会議、信濃毎日新聞社)という本が届いた。
坂牛卓さんのブログで知り、ネットで検索して上記リンク先の編集元に連絡して購入した。
佐藤武夫と宮本忠長によるきわめて戦後的なデザインの文化会館の魅力を、小さな本ながら実に見事に伝えている。設計図をコピーし二重に折り込んだカバーなど、造本も魅力的だ。
こんな建物を壊してはいけないと、いまさらだが強く思った次第。
編集会議からいただいたメールによれば、3月末閉館・9月取り壊しの予定だったが、今回の震災のための物資の収集場所としてしばらく使われるとか。そのまま再生の道へとつながらないものだろうか。


つまみ食い読書中のもの。

・『ツチヤ教授の哲学講義』(土屋賢二、文春文庫):ウィトゲンシュタインに依拠した哲学観、分かりやすくて面白い。「「Xとは何か」と聞かれたら、Xは「X」と呼ばれているものだと答えるしかありません」というニヒルさはいいなあ。
・『私たちはいまどこにいるのか』(小熊英二、毎日新聞社)
・『失われたものを数えて』(高田里恵子、河出ブックス)
・『人、中年に到る』(四方田犬彦、白水社)
・『πの話』(野崎昭弘、岩波現代文庫)
・『ぼくらはガリレオ』(板倉聖宣、岩波現代文庫)
・『学歴貴族の栄光と挫折』(竹内洋、講談社学術文庫)
・『朝日ジャーナル 日本破壊計画』(朝日新聞社)

『茨木のり子の家』(平凡社)は美しい本だった。
その他、建築・都市関係は何か書かないとさすがにカッコ悪いけど、ともかく積ん読だらけだ。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-03-26 01:27 | ●花田の日記

110322 地震のあとに

日記を書く気になれなかった。
11日に起こった東北地方の津波被害、そして原発事故という初めて経験する映像や情報を前に、自分を見失っていたというべきだろう。
インターネットとツイッターとテレビの情報を追い続けただけの10日間。
情けない限りだ。
もちろんすぐに思い出したのは阪神大震災のときの経験である。
足下が浮いた感じは阪神大震災のときほどではないが似た頼りなさだ。
しかし悲しいことに、あのときの方がまだましだなと思えてしまう。
それほど強烈な被害である。
東北の被災者の皆さんと原発の現場で戦っている人々の無事を祈るばかり。
こちらは心を強くして平常状態に戻らなくては。
原発は外部電源で3号機制御室の照明点灯とのニュース。
頑張ってほしい。


そんな中、19日(土)におこなわれた芸工大の卒業式は明るい日常の大切さを思い出させてくれた。
学生諸君による謝恩会の演出が素晴らしく、上映された映像に感激のあまり、あやうくみっともないオセンチ野郎ぶりを晒すところだった。
修士を修了したM君から内原恭彦の『Son of a Bit』をプレゼントされる。こちらからはお返しに『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』。
みんな元気でね。
ゼミの諸君は新しい連絡先と卒業式の写真送っておくれ。


竹中工務店のギャラリーA4での「八幡浜市立日土小学校と松村正恒展」は、地震があったにも関わらず予定通り3月18日からスタートしています。
ただ、3月25日に予定していた私と青木淳君による講演会は中止となりました
残念ですが仕方ありません。
企画を進めてくれた松隈章君から会場の様子を写した写真が届きましたので紹介します。
昇降口の原寸写真、日土小学校の子どもたちによる絵や文章など、見応えあります。
d0131838_1417241.jpg

d0131838_14174197.jpg


日土小学校の春休み見学会は、3月27日(日)(9時〜16時)に予定通り開かれます。
愛媛新聞八幡浜市支社の記者・岡山直大さんから最近届いた写真です。
菜の花に包まれた日土小学校。
この風景を見に、ぜひ!
d0131838_14115892.jpg

d0131838_14132976.jpg


地震前の出来事で書こうと思っていたのは、『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』の想定をお願いした間村俊一さんにお目にかかったことだ。2月22日(火)、鹿島出版会の編集者Kさんといっしょに神楽坂にある間村さんの仕事場「山猫軒」へ行った。
この雑誌で見ていたとおりの笑顔と空間。
間村さんがデザインしたかっこいい本の山の奥で、パソコンは使わず作業をおこなっていらっしゃる。
つまり、文字は写植、色は番号で指定という世界である。
それだけで頭の中に完成後の本の姿が思い描けるわけだからすごい。
間村さんは兵庫県の出身。
年末の神戸新聞で紹介された記事をいただいた。
また、間村さんの句集『鶴の鬱』も譲っていただくことができた。
もちろん自装。
サインをお願いしたところ、

「サンダルに翼生え初む春の家」

という句を選びそれも書いていただいた。本の表紙に使った写真の松村さんはサンダル履き!
ぴったりの句を選んでいただき感激した。
その後、間村さんに教えてもらった神楽坂の飲み屋へ。N洋堂書店のSNG君を呼び出し、編集者Kさんと3人で飲む。本を書いた人、作った人、売る人である。
d0131838_1419995.jpg

d0131838_14195693.jpg

[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-03-23 01:40 | ●花田の日記