<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

100223 春

暖かくなった。
ここ2日ほど春のようだ。
それとは対照的に気分はややダウン。
肩から手がしびれてる。パソコンのやりすぎだろう。
整形外科で首のレントゲン。軟骨のすり減り。典型的な老化ですね。
博士論文は1日13時間書くことを自分に課した成果だが、老体にはきつかったのか。くそ!なんとかしてやるぞ、とテレビで高橋大輔 のリハビリのものすごい映像を見て思う。我ながら単純だ(笑)。

教師になってから、この季節は毎年落ち着かない。
若い人の移動を目撃せざるを得ないからだ。
彼や彼女がどういう場所に身を置きどんなふうに生きていくのか。
僕らの時代とすら比べても大きく変わってしまった社会の中で、仕事とは何か、専門とは何か、そんなことに思いがいく。
昨日、日建設計について書いた文章をアップしようと思ったのは、そういうことを少しは意識したのかもしれない。
この文章を書きながら考えていたのは、では自分はなぜそこに残らなかったのかということである。50も過ぎると、なんとなく放ったままのその問題を考え直したいという感じがあった。
しかしどう考えても、あれは身体的な判断だったとしか答えようがないと改めて思った。
今回の特集の座談会のため、久しぶりに(辞めてからわずか2回目だ)日建に行ったが、地下鉄淀屋橋駅の改札を出ると動悸が激しくなり、頬が火照るような感じがしてひどく緊張している自分を意識した。そんな話を友人の建築家にしたら、「大学というところに行くと(僕と)同じように身体が反応する。だから大学の教師にはならないんだ」という返事だった。
アップした文章の中で使った「大学の研究室みたいな場所」という表現は、僕の中の大切なイメージであり、それをどこでならつくれるのかということだったかなとは、少し言葉になった辞めた理由。
僕は自分の家庭はそういうイメージの場所であってほしいし、もちろん自分の研究室もそうしたい。設計事務所でそのイメージを実現できるなら自分でもしたいが、それは僕にはできないとわかる。だから、たとえば青木君のように個人事務所でそれができている人が羨ましいし、大きな組織であれそのようなイメージを具体化しようという試みに、今回まさに身体が反応した。どんな組織であれ、そういう場所にこそ若い人に身を置いてほしいと思うからだ。
もちろん「大学の研究室のような場所」はあらかじめ定義なんかされていない。
無邪気すぎる言い方だという批判は自分の中にある。
しかし、場所と自分自身の間に瞬間的に成立する関係を束ねていけば、少なくともその空間が自分にとっての「大学の研究室のような場所」なのかどうかの判断はつく。だから君も自分なりの「大学の研究室のような場所」を見つけてほしい、なーんていうとまるで卒業式のはなむけの言葉。教師稼業の悪い癖だ。しかし結局そういう場所を嗅ぎ分けたりつくったりしながら僕はかろうじて生きてきたんだなあなんて考えるのも春。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-23 14:46 | ●花田の日記

100221(日) いろんな新情報

●卒展が無事に終わり、今週はあれやこれやの1週間。
・学科同僚と作っている本の担当箇所最終稿提出とその後の調整。
・日土小学校保存再生の工事報告書の担当箇所最終稿提出とその後の調整。宿題残る。
・学科、大学の会議あれこれ。「冬の時代」を生き残る戦略。知恵くらべだ。
・某市某委員会。画期的なことをやっています。
・週末は大学院の入試。土曜日は終日面接をやった。学生諸君!「・・・させていただく」という表現の乱用はやめなさい!「卒業制作で・・・をさせていただいた」「入試を受けさせていただく」!!そんなこと言うなよ。「卒業制作で・・・をした」「入試を受ける」、そう言えばいいだけ。

●2/5に書いた新建築社の「新建築.net アンケート/Most Impressive Architecture 2009」のサイトに、記事や論文の詳細も掲載されました。
僕の「日土小学校の保存再生がくれた夢」(2009年11月号)についての紹介もあり。素直に嬉しい。

『日経アーキテクチュア』の最新号(2-22号)が昨日届いたが、その「「最強」の設計集団」という記事で、伊東豊雄さんの事務所と、日建の山梨知彦さんの設計室が比較・紹介されていた。
その中で、「山梨氏は大学の研究室のような組織をつくりたいという。自分は年を取った助手との位置付けだ。」という一文を見つけ、にんまりとしてしまった。
というのも、1/14に書いたように、僕は『建築と社会』1月号の日建設計の創業110周年記念特集で、「組織とリアルな物語 日建設計の100周年からの10年とこれから」という文章を書いたのだが、その中で山梨さんのチームを取り上げ、まさに「大学の研究室のようだ」と評していたからだ。実は、それを読んだ山梨さんからメールをいただき、「常々、自分のチームを、教授を欠いた研究室のようにしたいと思う。自分自身はやや歳をとった助手という位置づけ」といった内容のことが書いてあり、自分が抱いた感想がどんぴしゃだったので、僕はとても嬉しかった。今回の記事では、さらにその「大学の研究室のような」雰囲気を文章と映像で具体的に知ることができ、実に興味深かったというわけだ。

『建築と社会』はあまり目に触れない雑誌だと思います。
僕の書いた文章をここに載せておきます。よかったら読んでみて下さい。

●日土小学校の春休みの見学会の日程が決まりました。3月28日(日) 午前9時~午後4時です。
見学希望者は、以下に連絡を入れて下さい。詳しいことは、八幡浜市のサイトに出ています。

     学校教育課 施設係 担当:梶本さん
      TEL0894-22-3111(内線8363)

春休みの旅の予定にぜひ加えて下さいね。ゼミ旅行にも最適!
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-21 23:10 | ●花田の日記

100216 卒展と我が家での歓送迎会

卒業制作展、無事に終了。
我々の学科とプロダクトデザイン学科と造形表現学科は、初めて原田の森ギャラリー(村野藤吾設計の旧県立美術館)が会場となったが、アクセスもよく、会場も親密な雰囲気で、うまくいった。
当日の各会場の様子や、卒業制作の入賞者へのインタビューは、学科サイトなどの以下のページを見て下さい。
芸術の館の様子
原田の森の様子
本学科の入賞者へのインタビュー1
         インタビュー2
         インタビュー3
ファッションショーの様子

2階へのスロープ。村野藤吾!
d0131838_031597.jpg

環境・建築デザイン学科のコーナー。
d0131838_0313832.jpg

花田研の受賞作1(奨励賞)谷口佐奈子+福武愛飛夢の共同設計で、火葬場です。
d0131838_032546.jpg

花田研の受賞作2(奨励賞)吉村雄史君の、既存の文脈を立体的に重ねる実験。
d0131838_0323097.jpg

花田研の受賞作3(奨励賞)山川紗良さんの、自分の記憶の中の家をつないだ建築の詩。タイトルがすごいぞ。「雨だけが現実で、雨だけが未来に繋がっていた。」
d0131838_0325347.jpg

他の諸君も、受賞にはいたらなくとも健闘。
卒論は山川さんが徳島の「海の家」の研究で奨励賞。


13日(土)の夜には、我が家で新旧ゼミ生の歓送迎会をした。
4年生は御苦労様でした。3年生は4月からよろしく。院生はますます頑張って。
d0131838_1104019.jpg


ここ数日、書き物の締め切りが重なって泣きそうだ。
パソコンの前にはり付いたまま。身体のあちこちが痛いのはそのせいか。
年末の講演会のゲラチェック、日土の報告書、学科同僚と作っている本の最終原稿、大学案内用のコラムなど。合間に頻繁に学科関係のメール。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-17 01:22 | ●花田の日記

卒展が始まります!

いよいよ、明日、2月12日(金)から14日(日)まで、神戸芸工大の卒業制作展が開かれます。

多くの方のご来場をお待ちしています。
今年は先端芸術学部の最初の卒業生が出るので作品数が多く、県立美術館(芸術の館)で借りる1棟では会場が足りず、4会場に分かれます。僕らの学科は、村野藤吾が設計した昔の県立美術館(原田の森ギャラリー)なのでお間違えのないように。
僕もだいたい会場にいます。
卒業生諸君も来てね!
両館を結ぶシャトルバスもあります。詳しくは上の太字のリンク先を見て下さい。
d0131838_222122100.jpg

[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-11 22:25 | ●花田の日記

100208 2日続けて

2月6日(土)は九州大学芸術工学部へ。恒例の、1年生に20分の1の名作住宅の模型をつくってもらう演習の講評会。
今年は九大の先生の指示があったようで、例年よりも大人っぽい模型になっていたが、何しろ20分の1の模型でその住宅を初めて見るわけだから、こちらにとって新鮮な体験であることは変わらない。写真はいずれ貼りますね。つくった建物は以下の通り。
・バルセロナパビリオン(「住宅」ではないですが、学生さんの希望)
・私の家(清家清)
・上原通りの家(篠原一男)
・ハウスインヨコハマ(篠原一男)
・ノーヴァサンヴィターレの家(マリオ・ボッタ)
・レイマンの家(ヘルツオーク・ド・ムーロン)

日帰りして、翌7日(日)、再び新神戸から今度は松山へ。
両日とも関ヶ原の雪で新幹線の到着が20数分遅れ、いささか慌てる。
日土小学校の保存再生工事の報告書の(ほぼ)最終の打ち合わせだ。
いろいろと宿題を抱えて、今日8日(月)、帰ってきた。

列車の窓から見る畑や瀬戸内海には春の気配が漂っていた。
この列車で愛媛にいったい何度通ったのか。
年に数回としたら数10回、100回にはなってないかなあ、などと考えながら、ぼんやりと窓の外を眺めていた。

行きの電車では自分の担当個所のチェック。
帰りの電車では『アスペルガー症候群』(岡田尊司、幻冬社新書)。
書かれているさまざまな特徴は、細切れにすると自分を含めた身の回りの友人、知人にいくらでも当てはまりそうだが、本当に問題になるのはそういう次元ではないのだろうなあ。
「僕らはそういう人を見たことはあるのでしょうか」とは、先日、教授会後のFD(いわゆるファカルティディベロップメント)研究会でお話しいただいた専門家にした質問だが、もうひとつはっきりしなかったなあ。連続体(スペクトラム)としてとらえられる症状なので線引きが難しいということはわかるのだが。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-09 00:33 | ●花田の日記

100205 新建築.net アンケート/Most Impressive Architecture 2009

新建築社は、1年間の『新建築』と『新建築住宅特集』の掲載作品と記事の中で、最も印象に残ったものを尋ねるアンケートをおこなっているが、その2009年分の結果が発表された。
今月の『新建築』(2月号)のニュース欄に概要が載り、新建築社のサイトに推薦者名やコメントが掲載された。
その結果、作品で「八幡浜市立日土小学校保存再生」が、論文でも僕の「日土小学校の保存再生がくれた夢」が上位にはいったらしい。
ひとり3点を推薦するというアンケートで、応募数も決して多いものではないが、でもやはり嬉しい。
いただいたコメントを読むと、どれも日土小学校と今回のプロジェクトの意味をよく理解していただいた内容ばかり。
論文の方のコメントも追って掲載されるようです。
d0131838_23172715.jpg
d0131838_2317404.jpg
              撮影:新建築社写真部
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-05 23:10 | ●花田の日記

100130 卒業制作の講評会

本日は卒業制作の講評会だった。
27日に提出してスタジオに展示し、昨日までに教員が採点した。
その点数をもとに、本日の午前中に学科会議で講評対象作品16を決め、12時から講評会、その後再度学科会議を開いき、学長賞、環境デザイン賞、奨励賞を決定した。
本学科では卒業論文と卒業制作がともに必修で、それらを合わせて卒業研究という科目になっている。したがって、各賞も両方から選出される。
今年は、学長賞は制作、環境デザイン賞は論文、奨励賞は9作品と8論文が選ばれた。作品に関していえば、16の講評作品から10点が入賞ということになる。

全体として面白い講評会だったと思う。
1位の作品は地方の田園風景の真ん中に、宇宙船がふわりと着地したような感じで病院を設計したもので、形態、プログラムともにイマジナティブであった。
講評会の日は他の教員がどの作品をどう評価するか、僕自身も興味津々なのだが、今日は、コンセプト優先の作品に意外な票が集まり、常日頃そういう作品を擁護する立場の僕としては驚かされた。しかしそういう傾向の作品こそがもつべき表現力の点ではまだまだと感じ、むしろ僕はやや厳しい評価という立場をとった。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-02-01 10:12 | ●花田の日記