<   2008年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

080429(火) 『原っぱと遊園地2』

世間は休日の今日、神戸芸工大は通常授業。いろんな祝日が増え、大学は曜日ごとの日数調整に苦労している。その一環のできごと。他にもこういう大学があったようだ。
2限目、講義。午後はずっと2年生の実習。ドリル式課題のミニ講評会。途中、見学の高校生対応も(高校は休みなので、オープンキャンパスと違い、ふだんの授業の様子を見てもらえますよという企画がおこなわれたのだ)。
2、3年生とも、よくやっている。春休み中のスタジオ大改修の一環で、3年生のスタジオ内にA1サイズの印刷などができるプリントセンターをつくったが、全学年で活発に使われている。スタジオからガラススクリーン越しに見えるのがいい。何かをやっている先輩、友人の姿が見えるのは一番の刺激だ。

青木淳君の『原っぱと遊園地2』(王国社)が出た。本日、本屋で買って帰ったら、彼からも届いていた。以前にも増して、観察者や批評家としてではなく、つくり手の眼によって書かれた文章が集められている。「ゲームのルール」、「オーバードライブ」、「見えの行き来」といった抽象的な言葉が並んではいるが、それらは決して自分の作業をメタレベルから見下ろした言葉ではない。まさに設計行為そのものとしての言葉なのだ。こういう文体や質感の言葉で建築家が自らの設計手法を描くことはなかったとつくづく思う。
彼自身の言葉であるがゆえに、読んでいると、ときに「それはこういうことじゃないの」と要約したくなることがある。あるいは「それは××が既に言ったこういうことじゃないの」とか。しかしそういった要約をすればするほど、新しく登場した言葉は彼の建築からは遠ざかる。それはとても不思議なことだ。しかしいうまでもなく、そういった結果になるような種類の言葉と建築のセットを彼は生み出したのだ。
以前、『新建築 住宅特集』(2007年7月号)でやった青木君と僕との対談・「つくるときの主題」も再録されている。「A」という住宅を手がかりにした対談ではあったが、より一般的な青木論も話したつもり。これまでの建築家は作品や時期ごとに「異なる文体」で書くことはしたが、青木君は「異なるルール」で書いている、ルールを変えながら書いている、というのがそのときの結論。言葉だけだと言われるかもしれないが、今のところ僕が思いつく説明である。さらに対談後に考えついたことなので書き加えはしなかったが、「ルールを変えながら書く」ということができるようになってしまうと絶対に誰からも追い抜かれない、ということになるのではないかと気がついた。このことは、彼の作品の変幻自在ぶりや若い世代との関係に現れていると考えている。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-30 03:09 | ●花田の日記

080428(月) 旧神戸移住センター

旧神戸移住センターの改修工事着工を宣言する式典へ出席。CAP HOUSEが入っていた建物といえばわかってもらえるだろう。
1928年に建てられ、国立神戸移民収容所として、ブラジルへ移民する人々が研修を受けるために日本での最後の1週間を過ごした建物だ。石川達三の小説『蒼氓(そうぼう』にも登場する。旅立ちの日には、多くの日本人が、ここからメリケンパークまで荷物をもって坂を下り、ブラジルへの船に乗った。その後、1971年に閉鎖され、看護学校として使われ、さらに最近では、CAP HOUSEが芸術活動の活動拠点にしたり、在住ブラジル人等の自助組織の活動拠点としても使われてきた。
移民のための施設としては日本に残る唯一のものであり(横浜にあった同様の施設は建て替えられた)、関係者からの強い要望を受けて、神戸市が保存・改修して移民関係の資料を展示するとともに広く在住外国人の支援拠点とし、また芸術の交流の場にもすることが決まったという次第。僕はその改修計画を検討する委員会の委員をやってきた。
今年は、日本最初のブラジル移民からちょうど100年という節目でもあり、最近、東京や神戸でそれを記念した催しがいろいろと開かれており、新聞を賑わしている。今日も当時を知る関係者が多く集まり、そういう方のお話を聞き、展示された当時の写真を見ているうちに、この建物を通り過ぎて行った多くの人々の苦労に対しやっと想像力が及んだ気がした。
改修計画はできるだけ元の空間の気配を残すことを目標にしている。外装は現在の仕上げの下にあるもう少し黄色いオリジナルの色になるだろう。サッシュも元のスチールサッシュに近づくはず。内部の展示計画も、テーマパークみたいなものにはせず、ここで最後の1週間を過ごしたまさにその空間を展示してほしいとお願いしてある。
d0131838_854284.jpg
d0131838_8541438.jpg
d0131838_8542839.jpg
d0131838_8544022.jpg

[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-29 01:38 | ●花田の日記

080425(金) ほっとした夜

JIA近畿支部企画の竹原義二さんと坂本昭さんの対談のコーディネーター役、なんとか無事終了。18時半から2時間、3人ともよく喋りました。聞いていただいた方はどうだったか。しかしまあ、まずまず面白かったのではないか。入りも上々。
進行中に気づいたが、この対照的な作風の建築が雑誌で同時に取り上げられることは少ないだろう。だから、最初にお二人にやっていただいたプレゼからすべて、ふだん同時にはなかなか眼にも頭にも意識されないものばかり。なので、違うようで似ている部分と、似ているようで違う部分がかなりクリアになったと思われた。

竹原さんは「メーカー住宅」への批判をちくちくと込めた発言をされた。そういう会社からの来場者も多かったので会場に振ろうと思いながら、うまく果たせず。竹原さんの設計する住宅が個別具体的でありながらある普遍性をもっているとは、以前、彼の自邸や「岸和田の家」についての文章で書いた通りだが(『住宅建築』2004年8月号、「泉州の町並みに浮かぶ島」『新建築 住宅特集』2006年5月号)、逆に普遍性を求められる「メーカー住宅」がどれほどの個別具体性をもちえるかという勝負なんだろうな。
坂本さんは自作の静かな雰囲気の動画等を上映された。クライアントは彼のデザインに何を求めるのか、あるいは彼のデザインの何が買われるのかといった僕の下世話な質問にやや当惑されたかも。篠原一男的な人の不在感ほど強くないので、いささか気になりあれこれ質問をした。つまり、篠原一男の白は消費されないが坂本さんの白は消費されるのではないか、ということが気になったというわけだ。

終わってからの懇親会にはふだん接することのないJIAの建築家の方が、若手からベテランまで大勢来られ、世間の狭い僕にとってはいい勉強になった。
また今日の対談の構図のようなものについても、シビアーな、というかクレバーなというか、忌憚のない意見交換ができ、こちらの意図が伝わった感じがあって嬉しかった。
学生さんはどれくらい来てたんだろう。神戸芸工大からは2名。花田研のM2山下君と小玉研4年生のO君。ナマ竹原さんと話ができてよかったね。和歌山大の人2名にも挨拶された。花田研卒で地元・和歌山で活躍するヒガシバタ君との縁があるらしい。こういう出会いはとても嬉しい。花田研卒のHさんが務める事務所のF所長、T君が務める事務所のY所長もいらっしゃっておりびっくり。Hさん、T君、また近況知らせてね。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-26 14:16 | ●花田の日記

080424(木) 忙しい平日はこんな感じ

午前中はゼミ。4年生の卒論テーマについて。まだまだぼんやりしているが、僕ならそこからこういう展開ができるかも、みたいな話をできるものがあって、今日も雑談を楽しんだ。ノスタルジーとは、穴とは、空間に対する価値観とは。論文とは、図ではなく言葉によるイメージをどこまで展開できるかの競争だ。言葉が言葉を生んで新しいイメージが身体で感じられる、そういった感覚を味わえるかどうか。
ゼミ生と学食でお昼を食べながら、親子関係についていろいろと話す。子持ち教師としてはたいへんに興味深い話が多い。
午後はまずあるゲストの学科内の案内。
そのあと2年生のエスキス。担当の3人の教員では19時半までやっても見きれなかった。みんな熱心。ああなるほど、それは思いつかなかったという案がいくつかあって、これも楽しい雑談となった。4〜5時間休みなしでエスキスやるとへろへろです。学生にお詫びを言って三宮へ。
夜は学科の新任の方々の歓迎会。今年は、構造と都市計画系の教授と准教授、それにランドスケープ系の助手の3人の方を迎えた。4月は何しろ忙しいので、新人にとっては一種のスパルタ教育のようなもの。もう十分大学に馴染んできていただいたことを実感。
帰ってから明日の対談の資料準備と論文をほんの少しやるもダウン。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-25 14:09 | ●花田の日記

080423(水) 雑談の意義

午後、4年生の演習授業のエスキスをゼミ室でやる。
僕らの学科では、デザイン実習(いわゆる設計課題の出る実習ですね)は3年生までが必修で、4年生にはない。卒業論文と卒業制作が必修なので、それに打ち込んでもらおうという訳だ。
そのかわり、各教員が自分の専門分野に関する「演習」を希望学生に対しておこなうようになっていて、僕は「建築デザイン演習」の担当のひとり。今年は短期の設計課題を出した。
課題は、「建築の設計は模倣から始まるという考え方がある。その前提に立ち住宅を設計せよ」というもの。ひとりの建築家をとりあげ、そのデザイン手法を分析した上でそれを「模倣」し、その先に何か新しい提案を見出してほしい、というもの。
学生には話してあるが、実はこの課題、僕が学部3年生のときに非常勤で来た篠原一男の出した「住宅」の課題である(細かな文言は違う)。それにはおまけがあって、即日設計で「建築の設計はオリジナリティから始まるという考え方がある。その前提に立ち住宅を設計せよ」という問題をやらされた。そして、僕らの上の学年には逆の組み合わせで本課題と即日設計をやらせていた篠原は、「これでゲームは終わりです」と言って、2年間で東大の非常勤を辞めた。もちろん、その格好良さに僕(ら)はうっとりとしたわけである。
建築の設計根拠について考えるトレーニングとしてはとてもいい課題だと思い、学生たちに出題した。
今日は、数名の学生に、それぞれが選んできた建築家についての分析とそこから何をどう模倣することができるかというような話をしてもらい、あれやこれや、屁理屈をこねまわした。自分でもいろんな発見があり、実に面白かった。
引用vs.模倣論、青木淳論、篠原一男論、藤本壮介論、この課題の意味、等々。
話しているうちに「この課題は、自分がある建築家の事務所から独立したとして、その建築家の影を自分の中にどう位置づけ、そしてそこからどう脱出していくかということのシミュレーションだと思うといい」と自分で言って自分で納得した。そうかそういう課題だったんだ。雑談は自分の頭を整理するのにとても重要。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-23 23:59 | ●花田の日記

080422(火) 大学中心の一日

2限目、「建築空間のデザイン」の講義。モノの構成のツリー図による表示。それらを組み合わせて「空間単位」へと話を進めるのだが、モノと空間はニワトリと卵の関係にあり、話す順序に毎年苦労する。この授業を本にまとめるという積年の宿題があって、今年の大きな宿題がもし終われば、来年はなんとかしたいし、したくなっている。
部屋で大急ぎの昼食。小一時間、某校への表敬訪問。帰ってから夕方まで、2年生のデザイン実習。最初のミニ講評会。なかなか面白い案があった。
途中、某自治体の方との打ち合わせ。
夜は25日のJIA/竹原義二×坂本昭対談のお相手をするためのメモづくり。けっこう悩む。最近、住宅のことを考えたりしなくなっていたので、昔書いた『住宅特集』の月評(1997年6月号から1998年4月号まで隔月)を再読する。ああこんなことを書いていたんだ。けっこういいこと書いてる、と、思う。
論文まで手が回らず。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-23 23:24 | ●花田の日記

080420(日) オープンキャンパス

日曜日の今日は、神戸芸工大の今年度最初のオープンキャンパス。今どきの大学事情をご存じない方は驚かれるだろうが、特に関西の私立美術系大学はこの時期から入試関係のいろんなことが動いている。ちょっと暑いくらいの日射しの中、夕方まで相談コーナーや建物案内やらを行ったり来たりして、へばった。

コメント欄にゼミの卒業生の諸君から書き込みがあり、ブログの面白さを痛感。平日は夜、休日は終日、自分の部屋のパソコンの前にいるので、気分転換に覗いてはこちょこちょっと書き込む。要領がだいぶわかってきたので、メンバーやプロフィールも直してみた。よくできた玩具だ。ひとりでカウンターの数字を上げてるかも。

論文を書こうとするも疲れてダウン。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-21 20:59 | ●花田の日記

080419(土) じーっとしていても

終日家でパソコンに向かい、ひたすら松村論。まだ戦前の描写。やっと東京を離れ、満州へ。インターネットの力は大きい。本当にいろんな情報にアクセスできる。古い地図、古い写真、古い絵葉書、古い書類、それらをもつ図書館や古書店への発注、グーグルアースでの建物確認・・・。じーっとしていてもできることが格段に増えた。
それにしても終わるんだろうか。前段はもうそろそろにして、肝心の戦後の設計活動の部分に戻らなくては。資料はだいぶ集まっているが時間がない。
合間合間に届くメールで学科の事務仕事の処理。皆さんからの返事が早く気持ちがいい。
くそ、新聞配達のバイクがそろそろ来そう。

★最近買った本の中からのおすすめ
武藤康史『文学鶴亀』(国書刊行会)
佐藤正午『象を洗う』(光文社文庫)
高田 渡『バーボン・ストリート・ブルース』(ちくま文庫)
米原万里『パンツの面目 ふんどしの沽券』(ちくま文庫)
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-20 03:44 | ●花田の日記

080418(金) 人と防災未来センター

午後は1年生6名を連れた見学の授業で、HAT神戸にある「阪神・淡路大震災記念 人と防災未来センター」へ。迫力ある映像やジオラマ、それと当時の生々しい資料が展示してあって、この種の施設としてはよくできており、これまでも何回も学生を連れてきていた。
ところが今日はかなり失望。この1月に展示がリニューアルされたようで、全体として、こうなっちゃいけないでしょうという公共建築の典型的な展示業者主導のつくりもの主義になっていたからだ。
特に3階の資料展示コーナーがいけない。これまでは、避難所や町のあちこちに貼られたビラやひん曲がったいろんなモノ、その他何しろ現物がいっぱい展示してあって、いつも連れて行った学生はあちこちで立ち止まり、見るのに時間がかかっていたのだ。
ところがそういった迫力のある実物が一掃され、ほとんどが小ぎれいなつくりものになっていた。こじんまりしたジオラマ、パソコンによる情報検索、カード式の説明パネル。しかも、当時の悲惨さではなく、復興の力強さにウェイトをおいた内容ばかり。
学生たちも素通り気味。語り部的な役割も果たすボランティアの方々も、例年とは違って、明らかに手持ち無沙汰の様子。そりゃそうだろう、自分たちの経験しなかったものが並んでいるんだから。
さらに目につくのが、大きな中国語とハングルの文字。アジアからの観光客目当てのリニューアルということも見え見え。

それと気になったのが、文献資料を収集していたフロアが、5階に移り見学コースから外されていた。見学コースは、まず4階に上がり強烈な音と映像で地震が起こった瞬間の各地の崩壊の様子を体験するところから始まり、順に下の階にいくのだが、これまではその途中に文献資料コーナーがあり、学生をそこへ連れていき、いろいろ説明をしていたのだ。それがコース外の階に移され、これでは誰の目にも触れないではないか。

要するに、子どもだましのテーマパークだ。置いてあるのはオブラートに包んだニセモノばかり。どうしてこんなことになるんだろう。無責任、無見識の連鎖反応の結果か。あるいは過去を消そうとする巧みな操作か。いずれにしても、結果的には歴史の隠蔽と言える愚挙だ。アンケートコーナーがあったので、以上のようなことを書き、失望した、再考されたしと結んでおいた。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-19 14:39 | ●花田の日記

080417(木) 竹原義二×坂本昭 対談があります

午前中はゼミ。新しい4年のゼミ生とM2のY君に、春休みの活動等の報告を映像を交えてやってもらう。ヘー、こんな人だったんだという発見がいっぱい。若い人ってやっぱり面白いなあ。できればこのホームページで公開したい。
Y君はこの3月、五十嵐淳さんが審査した六花亭の「Tea House」実施コンペでベスト15に残った。その審査会等の様子を見せてくれた。祝、健闘!

午後はずーっと2年生のデザイン実習。例年通りハードスケジュールですが何とかついてきてほしい。スタジオの雰囲気は上々。

夜は大阪へ。JIA近畿支部がおこなう対談のコーディネータをやるのでその事前打ち合わせ。竹原さんや坂本さんとざっくばらんにいろんな話をした。当日そのままやるとちょっとすごい。内容は以下のとおりです。詳しくはJIA近畿支部のホームページ参照。学生諸君の参加を期待!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■『建築家カタログvol.5発刊記念講演会』竹原義二 × 坂本 昭
建築家カタログ第5集(仮称)を現在発刊準備中です。その発刊を記念して講演会を開催します。また、堂島アバンザで作品展も企画中です。

【日時】4月25日(金) 18:30~20:30
【会場】中央電気倶楽部 (大阪市北区堂島浜2丁目1番25号)
【内容】
テーマ「“住まい手”と“つくり手”という関係」にて講演および対談 
講師 : 竹原義二 、 坂本 昭
コーディネーター:花田 佳明氏(神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 教授)
【参加費】学生 500円 /一般 1000円
【定員】200人(事前申込要・先着順)
【主催】日本建築家協会近畿支部住宅部会
申込:ご氏名、ご連絡先、学生の場合はその旨を記載の上、FAX06-6229-3374
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-04-18 12:36 | ●花田の日記