090521(木) 日土小のあれこれなど

今日は終日家で仕事。

某誌用の原稿、終日いじり回していたがうまくいかず、風呂の中でふと語る順序を変えるアイディアが出てすっきりした。が、現在深夜、まだ半分くらいだ。89さん、もうちょっと待ってね。

今日は、改修工事が進む日土小学校の色について、実質的に現場を監理している松山の建築家Wさんから頻繁に電話がはいってきた。
仕上げの色の決定が実に悩ましいのです。昭和31年から33年に建設された建物だから、ついこの間といえばそうなのですが、当時はまだカラー写真での撮影はおこなわれておらず、完成時の各所の色を記録したものが全くない。使い始めてからの素人写真も全く出てきません。結局、カラー写真で最も古いものといえば10数年前に自分で撮ったものというのが現実です。しかしその時点では、何度もペンキの塗り替えがおこなわれたあとなので、信用できる証拠とはいえません。
したがって、現場ではすべての部材について、何層かのペンキを剥がし、最初に塗られた色の探索が綿密におこなわれています。その結果や、当時のいろいろな白黒写真や、もちろん松村の部下や当時生徒だった方の記憶やらの情報をかき集め、そこに松村のデザインの論理に対する解釈も加え、そこは何色だったのかを決めていくのです。
今日はWさんと何度もそういった情報と意見を交換し、各所の色を決定した。そのやりとりは、悩ましいのはもちろんですが、推理の楽しさにも溢れています。
おそらく、これまで多くの方が日土小学校に対してもってきたイメージとはいささか違う姿になると思います。どうぞお楽しみに。

新型インフルエンザは、東京では女子高生以外に大人ひとりも発症、京都でも小学生ひとりが発症、兵庫・大阪でも新たな発症が何人かあり。早くおさまってほしい。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2009-05-22 00:16 | ●花田の日記
<< 090523(土) さすが京大... 090520(水) 大学の様子 >>