年の瀬

昨日、今日と大学で年内の残務整理。

公聴会以降、博士論文の細かな語句の訂正をし、本日、最終提出用のハードカバーの製本に出した。これで主な作業は終了。あとは年明けに受け取り、東大に提出し、そのうち学位記が発行されるという段取り(のはず、笑)だ。1年半と少し、老体に鞭打って走ってきたが、なんとか倒れずにゴールできた。

昨日、今日は、青木君のオープンスタジオの最終講評会に提出された10の模型を、学内で撮影した。といっても僕がではなく、写真を専攻している芸工大の院生氏が引受けてくれ、M2の山下君がアシスタントをした。便利な学校である。「いい練習になるでしょ」と勝手な理屈をつけ、こちらはせっせと肉まんやコーヒーの差し入れに励む。

architecturephoto.netが、オープンスタジオ最終講評会のレビューを書いて下さいました。たいへんに嬉しい内容です。こちらの意図をよく理解していただいており、感激。

大学は冬休みにはいったが、4年生は卒業制作で必死だ。スタジオやラボやゼミ室に散り、下級生も巻き込みながら熱い戦いがくり広げられている。こちらは夜回り先生よろしく、「迷ったら負けだ」とか「下級生の役割は先輩を突き上げること」とか言いながら冷やかして歩く。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-12-27 01:12 | ●花田の日記
<< 081231 大晦日 忙しい1週間 >>