081015 最後まで考え抜く

卒論の提出一日前。ゼミ生のWTBさん、IKM君が梗概の下書きを見せにきたので最後のダメ出しをしつこーくやる。ついでに本文の結論の部分をあと一晩書き続けるように指示。最後まで考え抜く!口当たりのいい結論を書かない!調べたことからわかることだけを書く!
言葉の力によって何かが見えた、という感覚を味わえたかどうかでその学生にとっての卒論の意味は大きく変わる。絶対にそれを感じてほしいと思うので、はいよくできましたとは最後まで言わない。
業務連絡。YMST君、その後どう?

・・・と偉そうに言うのは簡単だが、自分の原稿はなぜ進まない、と。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-10-16 00:12 | ●花田の日記
<< 不調から回復へ、となってほしい。 081014 卒論と修士制作 >>