080704 

今日は卒論の中間発表会用の梗概提出日。昨日ゼミ生の書いてきたものをチェックし、いろいろアドバイス。内容はもちろん、字体のメリハリ、頭揃えなど、書類の書き方も教えて直してもらう。ビフォー/アフターを比べると、当然のことながら、「使える」書類に変わっている。まずは日本語のリテラシー教育。

ここ数日は学科主任仕事に追われまくり。今年度動かしている学科主催企画(含、青木さん大活用企画)、学科運営、学生のこと、大学全体の戦略会議(のようなもの)、あれやこれや。合間に論文、のはずがそろそろ身体が悲鳴をあげてきた。

ところで、以下のイベントが、急遽芸工大で開かれることになりましたので、ここでも宣伝しておきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ラウンド・アバウト・ジャーナルVol.8公開収録
「若手建築家のアジェンダ」

1995年以降、経済のグローバル化と、情報技術の環境化によって建築設計を取り巻く環境は厳しさを増している。1970年代に始まったアトリエ系建築家と組織・ゼネコン系建築家の乖離や、2000年代以降のあいつぐ建築専門誌の休刊によって議論の場が消滅したことによるメディア環境の断絶は、解決の糸口も見えないまま私たちの前に立ちはだかっている。2002年より活動を開始したROUND ABOUT JOURNALはブログ、フリーペーパー、イベントの開催などを通じてアトリエ系と組織・ゼネコン系、東京と地方などをブリッジする議論の場を設計しようとしている。今回は、関西地区の若手建築家に公開インタビューを行うことで、彼らが何を考え、実践しようとしているのか、それぞれのアジェンダを共有する場としたい。

■日時
2008年7月10日(木)
  18:30-18:50 挨拶・問題提起(藤村)
  18:50-21:00 ディスカッション

■場所
神戸芸術工科大学 セレンディップギャラリー・カフェ(D棟)

■参加建築家(敬称略)
 柳原照弘(isolation unit)、市井洋右(市井洋右建築研究所)、今井敬子、山崎亮
(studio-L)、香川貴範(SPACESPACE)、家成俊勝 大東翼 赤代武志(dot
architects)、笹岡周平(WASABI)、藤村龍至 山崎泰寛(TEAM ROUND
ABOUT)

■主催
TEAM ROUND ABOUT、アキレス

■お問い合わせ
dot architects
tel : 06-7171-1977
mail : dotarchitects@tcct.zaq.ne.jp

■協力
   神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-07-05 00:05 | ●花田の日記
<< 080709 三分一博志さんの... 080630(月) 6月の終わり >>