080625 愛媛新聞「道標」欄での連載 / 平田晃久さんのレクチャー

今年、愛媛新聞に連載している原稿を新たにカテゴリをつくり、アップしました。
毎週日曜日の1面にある「道標 ふるさと伝言」というコラム欄で、毎年5人の愛媛県出身(あるいは住んだことがある)のひとによって書き継がれています。今年のラインナップは以下の通り。5週に一度まわってきます。愛媛新聞社の了解をいただいたので、私の担当分を掲載します。ちなみに私は、愛媛県東宇和郡野村町(現在の西予市野村町)で生まれて、小学校3年生の2学期の途中までそこで過ごし、その後、高知市へ引っ越しました。

 スポーツジャーナリスト          二宮清純
 浜松医科大名誉教授・写真家        山下 昭
 NGOピースウィンズ・ジャパン尾道事務所長 國田博史
 富山大人間発達科学部教授         村上宣寛
 神戸芸術工科大教授            花田佳明

右の「愛媛新聞「道標」欄の連載」をクリックして下さい。

*************************************

神戸芸術工科大学環境・建築デザイン学科では、第一線で活躍する若手デザイナーを招いた連続講演会を開きます。今回は第2回目です。どなたでも参加できます(入場無料)。
d0131838_2345257.jpg

■神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 トークセッション 2008■

環境デザインのトップランナー 第2回
平田晃久「<動物たち>は<自然>に出会うことができるか」
2008年7月8日(火)18:00-20:15
神戸芸術工科大学 環境・建築デザイン学科 5201号室

平田晃久(ひらた・あきひさ)

1971年 大阪府生まれ
1994年 京都大学工学部建築学科卒業
1997年 同大学院修士課程修了
1997年 伊藤豊雄建築設計事務所
2005年 平田晃久建築設計事務所設立
現在   日本大学非常勤講師
     東京理科大学非常勤講師
     京都造形芸術大学非常勤講師

作品:
安中環境アートフォーラム国際コンペティション(2003年)
house H(2004年)
桝屋本店(2006年)
R-MINAMIAOYAMA(2006年)
House S(2006年)
Hair OORDER(2006年)
SARUGAKU(2006年)
HouseT(2007年)
gallery S(2007年)
KODAMA Gallary(2007年)
Next Gene(2008年)

受賞:
1994年 京都大学最優秀卒業設計賞(武田伍一賞)
1996年 NEG空間デザインコンペティション一等
2003年 安中環境アートフォーラム国際コンペ佳作一等
2004年 SDレビュー朝倉賞(House H)
2007年 SDレビュー入選(House S)
2008年 第19回2007JIA新人賞

お問い合わせ:
環境・建築デザイン学科事務室
078-794-5031 

トークセッションは鹿島建設株式会社の助成を受けて開催されています。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2008-06-25 23:05 | ●花田の日記
<< 080630(月) 6月の終わり 080621 面白いオブジェ >>