110529(日) 松村展、その後。

27日(金)は松村展の2回目のイベント、青木淳君との対談だった。

13日には日土小学校の保存再生メンバーによってその活動の全体像を報告し、松村正恒についての紹介も僕からおこなったのだが、今回はそれをさらに詳しく話し、青木君の力を借りて現代的な位置づけもおこなおうというねらいである。

どんなふうにやろうかと青木君に事前相談のメールをしたところ、「松村正恒の建築のどこがおもしろいか?それが、いま、どんな意味があるか?しか話すことないんじゃない?前もって話す内容、決まっているとつまらない。思わぬ展開を楽しみたいです」というお返事。
おっしゃる通りでどうしようかと慌てたが、よくよく考えてみれば、それへの僕の答えが『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』なんだと思い出し(こういうことを案外と忘れる)、その「結論」の部分をまとめたプレゼをキーノートで再編集した。本当は僕の本を全員が読んで下さった上でいきなり質疑応答や議論をするのが建設的なのだが(笑)そうもいかない。

会場を見渡すと、来られた方は13日とは顔ぶれがあまり重なっていない印象で、今回の方が若い人が多いと感じたのはやはり青木君効果か。

まず僕が50分くらい話し、次に青木君が「花田の話は長いねえ」と言いつつ、彼が撮った再生工事完了後の日土小学校の細部の写真を使ってその空間の印象を決定しているものについて30分くらい話した。以前松山で最初に青木君からこういう日土小学校の見方を教わったが、今日も感心。モノを作る建築家ならではの批評であり、青木君以外の建築家ではなかなか話せない内容だと思う。おそらくこういう視点でモダニズム建築を現代建築家が語るのは珍しいだろうし(初めてでは?)、会場に来られた方はとても新鮮な体験だったに違いない。

その後二人でいろいろと話した。

僕としては、結論としてこんなことを言った(つもり)。
・松村の建築は、きわめて優れた文脈的解答に、非文脈的・自律的な設計手法によって到達した。
・松村の建築は、特定の意味を纏うことを拒否することに成功した。
・松村は、<建築から作品性や作家性を排除しても建築を成立させることができる。たとえばそこに残るものは物語性のようなものだ>ということを示した。
・日本のモダニズムの巨匠たちによる行為は基本的には「翻訳」だが、松村はそれ以外の道を実践した。云々

青木君は日土小学校のモノの扱いに見られる「ザッハリッヒな」特徴を解説したあと、自分は日土小学校みたいなデザインもできるしそうじゃないこともできるというので、それぞれ何なのとつっこむと、前者は「青森、馬見原、御杖」、後者は「ヴィトン」という答えで、激しく同意した次第。
そうだろうなあ、よーくわかります。
(なお、青木君はまさにそういうことを示す自作の写真を用意してきてくれていたのですが、パソコンソフトの関係で日土小学校の写真だけの上映になりなりました。青木君と会場の皆さんすみませんでした)

結論としては、松村は建築における「<表現>しないこと」によって優れた建築を作ることに成功した希有な建築家である、というようなことで意見が一致したという感じではないだろうか。

なお、ここに書いても仕方ないかもしれませんが少し補足しておきたいのは、話題になった色彩のことである。日土小学校あるいは松村建築一般には賑やかな色使いがあって特徴的という話をしたが、特殊ケースという言い方をしすぎたかもしれない。会場から土浦亀城に詳しい田中厚子さんから指摘があったように、土浦建築にも色彩は多いしモダニズム建築と呼ばれるもの一般でもさまざまな色が使われている。
僕としても決して松村だけが色彩を使ったというつもりはなかったのだ。ただ日土小学校における長大な水平連続窓の枠全体がピンク色とか、淡い緑色とピンク色の組み合わせとかは、アクセントとして色を入れましたというのとは違い、エロティックな雰囲気すら漂う感じがするので、僕の言葉でいえば「総体性」を強化しているような気がしたということである。もう少し考えてみます。
また青木君から、松村研究は今後どうするのと問われうまく答えられなかったが、彼の作品集あるいは図面集が出せたらいいなあという夢はある。「研究」とは違うが、そんな企画をどこかで実現したい。
会場には植田実さんも来て下さり、『無級建築士自筆年譜』を作った頃のお話などをしていただいた。

会期は6月3日までです。
まだの方はぜひご覧下さい。
何しろ、建築の展覧会としてとても面白いと思います。
嬉しいことに大阪展も12月には実現できそうな気配です。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-05-29 21:32 | ●花田の日記
<< 110610(金) 松村展、無... 110529 松村展の紹介記事 >>