110220 『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』、その後

神戸芸工大の卒展が終わり、ゼミの打ち上げをやり、その後入院中の親の様子見に実家に帰りもし、慌ただしい日々が続いた。

『建築家・松村正恒ともうひとつのモダニズム』は2月9日から書店に並んでいるので、ご覧いただいた方もあるだろう。
僕も三宮のジュンク堂に様子を見に行ったのだが、レンガみたいな奇妙なプロポーションのかたまりがあり、すぐにわかった。
さっそくいくつかの感想メールや葉書などもいただいている。
また今どきのことだから、ブログやツイッターでのコメントも見つけたりした。
コメントを書き込めるブログには御礼の言葉を残した。
ただ、僕はツイッターをやってないので、そこで触れていただいた方には反応できていない。
ここに書いたところで届かないだろうけど、心から御礼申し上げます。
書籍販売もされながら実に幅広く書評を書いておられる方、この本の編集の手伝いバイトをしてくれたらしい学生さん、地方で活躍した建築家を研究しておられる方、ヨーロッパで修行をして帰ってこられたばかりの若い建築家などいろいろだ。また、僕の研究室の卒業生もブログで取り上げてくれている。
とくに若い方の反応は嬉しい。
おそらく、イズム抜きに松村正恒という建築家の存在を素直に受け入れてもらえると予想していたのだが、まだ少ない反応とはいえそんな感触があり、嬉しい。
また、建築家・泉幸甫さんのブログには「松村正恒のことを書いてあるのだが、実は現代建築や建築家に対する全面的な批評となっている」とあり、過分のお言葉とはいえ、こちらもそんなふうに読んでいただくと嬉しいなあと考えていたことなので、とても嬉しい。

配本直後に購入し、おそらく世界で最初に通読したのが、僕の研究室の卒業生で東京のN洋堂に勤めるS君だ。休みの丸一日をかけて読み切ったらしい。2箇所の誤植を指摘してくれた(笑)。
その他にも、読み終わったという記述をネット上で見かけたが、いずれも「見かけはごついが読みやすい」という感じの感想で、そういうふうに書いたつもりだったので、最高に嬉しい。

九州大学の建築史家・土居義岳さんはブログで取り上げてくださり、思わずコメント欄に返事を書いたところ、2往復の楽しいやり取りに発展した。これこれです。ぜひご一読を。
d0131838_0321029.jpg

[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-02-21 00:36 | ●花田の日記
<< 110322 地震のあとに 110209(水) 『建築家・... >>