110117(月)

松村正恒本
15日(土)、東京へ。
編集者Kさんと編集事務所にて、夕方から深夜というか早朝一歩手前というか、まで打ち合わせ。
最後に一式をプリントアウトし、そのコピーの束を受け取って各自で一斉にチェックすることになる。
レイアウト担当の方々の、インデザイン(レイアウトをするコンピュータソフトですね)と肉体が一体化したような仕事ぶりに圧倒される。
画面上に、僕らには見えない線が見えている。すごい光景を目撃した。

16日(日)、神戸に戻る。浜松から関ヶ原あたりまで雪。50分遅れで神戸到着。
新幹線の中で半分くらいを読む。細かいチェックの赤入れ。
家についてからもすぐに続きの作業。
けっこう早く通読できて、夜、編集者Kさんと電話。
当然のことながら編集サイドでは専門家の目での細かなチェックが行われている。
こちらからの指示の要領が悪く怒られる。すみません、じゃまをしてはいけないな。

本日、コンビニに行ってファックスでいろいろと最後のチェックを返す。
コンビニの多機能コピー機の性能の良さにびっくり。
編集者Kさんからも出張校正先から細かい最後の確認。
全幅の信頼を置く。
これでやっと終わり、かな。
少し気が抜けてくる。

ウェブ上に新刊予告情報で出ているのを発見。

2年生の即日設計課題をつくる。

ちょうど今日は阪神大震災の日だった。
いろいろと思い出す。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2011-01-17 23:30 | ●花田の日記
<< 110118(火) 110114(金) >>