100721 予告など

前期も終わりに近づいてきたが、逆にそれで慌ただしい。
おまけにすごい猛暑。

●19日(月):祝日だが、休みの多い月曜日の授業回数を確保すべく大学は通常授業。それを利用して、オープンキャンパスではなかなか見てもらえない授業の様子を受験生に見てもらおうという「KDU LIVE」という企画もおこなわれた。僕らの学科では、実習をこの日の午後におこなったところ、予想を遥かに超える数の高校生が来てびっくり。2年3年とも提出締切直前なのでスタジオの雰囲気も盛り上がっている。やはりこういう雰囲気を見てもらうのが一番いいな。

●20日(火):前期担当分の講義で、レポート課題を出題。建築空間を読むいろいろな理屈を教えているつもりの授業だが、レポートだけだと豆知識が増えないと思い、この2年は試験も併用した。今年もそうしようと思っていたら、受講している学生からシラバスにはレポートとしか書いてないと指摘され(全くその通りだった)、レポートだけにしたのだが、試験をなくす分を加味したところ、学生諸君の間にやや動揺が広がった気配。ま、なにごとも勉強です。
前期修了予定の院生の修論を受理。
夕方帰ろうかと思った瞬間、明日午前中の予定が重なっていることに気づく。今日一日、明日2限目(10時40分〜)の授業の配布資料を作り、その途中で、明日10時から開かれる修論の発表会の段取りのようなことを並行しておこなっておきながら、両者が時間的に重なっていることに気がつかなかった。我ながらひどい。暑さボケか年齢ボケか。自分の担当の院生の発表を聞いた後、11時から授業をやることで調整。

●21日(水):1年生向けのオムニバス式入門授業の最終回。夏休みに行くべきところを紹介。
3年生は集合住宅課題の提出日。担当外だけど、締切間際のスタジオの様子が好きなので、ここ数日うろついてきた。なかなかいいのがありそう。明日が講評会。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-07-22 10:23 | ●花田の日記
<< 100726 オープンスタジオ... 100717 梅雨が明けた >>