100321(日) 卒業式と新しい客員教授のラインナップ

21日は神戸芸工大の卒業式
例年のことだが、自分は何をしてあげられたのかと反省の日だ。
しかしまあ勝手なことを言えば、大学や教育の意味や価値は、むしろ卒業してから自分の中に生まれてくるように思えてならない。少なくとも僕自身はそんな感覚にフィット感がある。だから皆さんもきっとそのうちじわじわと、などと虫のいいことを言うつもりもないが、何かがじわじわと込み上げてくるまで大学と縁を切らないようにして下さい。

この日はもうひとつお仕事が。
4月から客員教授になっていただく建築家の吉良森子さんが来学され、お目にかかった。オランダに事務所を構え国際的に活躍されている建築家だ。
すでに当日の様子は学科サイトに報告されているので見て下さい。
芸工大の卒業生がかつて吉良さんの事務所でお世話になったり、学長がライデン大学やシーボルト研究と関係があったりもして話が弾む。最後は学生によるインタビューも受けていただいた。

それから、4月からはもうひとり新しい客員教授をお迎えする。俳優の渡辺篤史さんである。
あの「渡辺篤史の建もの探訪」の渡辺さんだ。世界で一番たくさん個人住宅を中まで見た人じゃないかと思うのだが、ぜひそういう方にお話を伺いたいと思ったのだ。
正直言って、どこにどうやってお願いすればいいんだと学科でも困ったのだが、思いもよらず話はスムースに進んでいった。
で、3月1日に来学していただき、初めてお目にかかったが、テレビで見た通りの笑顔、素朴な語り口、優しそうなお人柄、しかもご自身もおっしゃる「建築オタク」で、ディープな話が通じる通じる。お迎えした芸工大メンバーは、本当に驚いてしまったのでした。
当日の様子も学科サイトに掲載しています。また学生によるインタビューはこれ

渡辺さんも吉良さんも客員教授ですから、年に何回か来ていただくというお立場です。
だから、面白い企画を立て、ぜひ学生も教員も、そして誰よりもお二人が楽しんでもらえるような場を作りたい。もちろんなるべく公開形式にもしていきたい。
現在、その企画をあれこれと考えています。もちろん大学の雰囲気を見ていただいたお二人からのご提案もあるでしょう。いずれ発表していきます。お楽しみに。

これで僕らの学科の客員教授は、渡辺篤史、青木淳、吉良森子という3人の方々となった。
なかなかのラインナップでしょ。
d0131838_23413328.jpg

                             (学科サイトから)
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-03-26 23:43 | ●花田の日記
<< 100409 新年度のスタート 100320 一段落 >>