100317 2つの本

関わってきた2冊の本がまもなく出るので、お知らせしておきます。

ひとつは、学科の同僚と一緒に作ってきた建築設計の入門書。
彰国社から出る本で、タイトルは、『建築文化シナジー 初めての建築設計 ステップ・バイ・ステップ』。
同社のホームページにはすでに予告が出ている(「これからでる本」)。
芸工大の2年生の最初の課題でやっている「ステップ方式」に基づいて構成した建築設計の入門書だ。
この土、日、月と、その最終校正。
昨日・火曜日には大学へ編集者が来られて、最後の打ち合わせをし、大部分の頁を確定した。
これからさらに微調整、印刷所に入稿、色校確認、表紙やカバーのデザイン確認と猛スピードで進み、4月中旬に書店に並ぶはず。
芸工大では、これを教科書にして2年生に教えます。
建築設計課題の参考書として、とてもいいと思います。
建築系の学校の先生も学生さんも、ぜひ手に取ってみて下さいね。

もうひとつは、竹原義二さんの作品集。
4月14日からギャラリー間で開かれる展覧会に合わせてTOTO出版から出る本だ。そこに短い竹原論を書いた。南洋堂のサイトには早くも紹介されている。ほほー、こんな表紙になったのか。会場は、例の自邸のように角材を並べるようなことをおっしゃっていた。
[PR]
by yoshiaki-hanada | 2010-03-17 16:37 | ●花田の日記
<< 100320 一段落 100312 鈴木成文先生の告別式 >>