090821 夏休み

新型インフルエンザによる休校分を解消するため授業期間が1週間長引いた今年は、8月9日から夏休み。お盆が過ぎ、ほんの少し秋の気配もしてきた神戸の山の上の住宅地である。

夏休みにはいってからは、試験の採点をし、成績をつけ、お盆にはちょっとだけ田舎に帰り、日土小学校関係の愛媛新聞とドコモモジャパン会報の原稿を書き、今はさらに某建築雑誌用に日土小学校関係の原稿を書きつつあるのと、別の雑誌での同校関係のインタビューの校正中。夏休みの宿題は、このあともう少し続く。あ、それと後期の3年生の設計課題の対象敷地というか物件探しもおこなった。昨年までとは少し課題内容を変える予定。3年生はお楽しみに。

日土小学校関係の取材的な問い合わせも少しあり、徐々に情報が広まっている感じがする。
グーグルのブログ検索で「日土小学校、見学会」と入れてみると、当日の感想を書いていただいたブログがいろいろ見つかるが、いずれも好意的なものばかりでとても嬉しい。
たとえば、はるばる東京から駆けつけて下さったドコモモジャパンの兼松紘一郎さんのブログ。「四国旅行(1)(2)(3)」を。

昨日・20日は、ゼミのM1・M君と4年・Y君、それに3年のY君が北京に旅立った。中国からの留学生・Kさんの紹介で、北京の設計事務所・UAAで1ヶ月ほどアルバイトをすることになったのだ。いろんなことを吸収し体験して来てほしい。できれば現地からの報告をブログにして書いてねと頼んである。

青木君とのオープンスタジオは、今年も対話篇をやろうと思い、とりあえずだい1信を書いてはみましたが、さて。ドローイングがテーマなので、いろんな事例の画像を貼って話していくと面白いだろうが、著作権問題が気になってしまう。とりあえず、いろんなところへのリンクで逃げてはどうかという助手・Mさんからのアドバイス。「リンク色」がはいると、文字ばっかりという印象も薄らぐので、とりあえずその方法でやってみましょう。
まずは多くの皆さんからの応募登録をお待ちしています。


ところで、10何年か前にテレビで見たコントで、もう一度見たいなあと思い続けていた今田耕司と板尾創路の傑作をYouTubeでやっと見つけた。コメントを見ると「これがずっと見たかったんです」という人がいる。僕だけじゃなかった。嬉しい!


[PR]
by yoshiaki-hanada | 2009-08-21 22:22 | ●花田の日記
<< 090823 北京からの便り 今年も青木淳さんと建築について... >>