090722 近況やら予告やら

約10日間の空白。
先週は、授業、会議、学内のいろんな打ち合わせ等で淡々と過ぎた。卒業アルバム用のゼミ集合写真の撮影や授業アンケート配布など、夏休み前らしい行事もいくつか。ゼミでは日土小学校見学に際しての事前レクチャー。他のゼミや学年からも行きたいという声があるが、さてどうなるだろう。花田研は、大学のバンを借りて総勢7名で行きます。

今週にはいり、20日(月)は海の日で国民の休日なのに大学は通常授業。おそらく多くの大学でも同じだったのでは。1学期間に15回授業をきちんとやれという要望が文科省からある一方で、月曜日は振替休日があって休みになることが多く、授業日数が足りなくなるからだ。おまけに今年は新型インフルエンザによる休校を補うために、授業期間が1週間延長され、夏休みは8月9日スタートである。

昨日は授業でドコモモやら日土小学校のことやらを紹介したら、さっそく何人かの学生から8月1日の見学会に行きたいとの相談を受けた。上に書いたように、今年は8月1日は補講や試験がおこなわれている。単位の多くを取った4年生はさすがに関係ないのだが、低学年の諸君には影響大。夜行バス、フェリー、レンタカーなどいろいろと検討することになった。
同僚の教員からも行くことにしたとの話があったが、八幡浜に宿が見つからず松山にしたとのこと。八幡浜の宿が満杯になってきたようです。何か同じ時期に別の大きな催しもあるのかもしれません。。参加ご予定の方は、至急、宿の手配をされた方がいいですよ。なお、松山から特急なら約1時間ですから、松山に宿をとっても大丈夫です。なお、八幡浜駅からはタクシーで約20分。
日土小学校の場所はここです。

昨年おこなった「オープンスタジオ 青木淳と建築を考える」という企画は、今年もおこないます。現在鋭意準備中。課題やスケジュールを、学内では今月末に、8月初めにはウェブ上で発表しますので、お楽しみに。

最近、「卒業設計日本一決定戦」、修士の「トウキョウ建築コレクション」、福岡と京都でのデザインレビュー企画、それぞれのまとめ本がいっせいに書店に並んだ。前2冊を買ってきて(建築分野へ進む気持ちなど全くない)高校生の息子に見せたところ、「満州の都市計画みたいなガツンとしたのはないのか」と言ってました。同感。あと、「写っている学生さんたちの風貌が似てる」とも言ってましたが、これも私みたいな世代からの意見ならともかく、近い世代からの意見なので、若さという共通性によって似ているのではなく、建築デザインという分野に関わっている共通性による相似だと思えば興味深い。まあどうでもいいことですが。

数日前の夜、わが家の塀で発見した蝉の幼虫。小6の息子と大騒ぎ。孵化するのを生まれた初めて見た。
d0131838_2331208.jpg

[PR]
by yoshiaki-hanada | 2009-07-22 23:33 | ●花田の日記
<< 090723 早くも夏バテか 090712 あれやこれや >>